サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

シュフ業ニガテな専業主婦の奮闘記です

子供の肘が外れた?!

こんにちは!sakuです!

ようやく土曜日。平日は母子家庭のようなものなので、金曜日はヘトヘトで土曜日になると気が抜けます(´Д` )

 

そんなヘトヘトな金曜日の夜(昨夜)、事件が!!!(*_*)

 

夕飯もお風呂も終わって、家事も一通り落ち着いてもうじき寝る時間という時、上の子(息子)が、急に身体を動かして遊びだしました。

 

ベビー布団の上に手をついて、腕立て伏せのようにして足は軽くジャンプしたような動き。

「見てみて〜!すごいでしょ〜!」と自信満々でやってましたが、私は「やめておきな〜ケガするよ」と冷静にツッコミました。

そこに、下の子(娘)が眠くてぐずりだしたのであやしていると…

 

 

f:id:sacoolablog:20180217110530j:image

 

ポキっ

 

 

という音と同時に

 

 

うわぁーーーーーん!!!!

 

 

息子急にギャン泣き。

痛いよ痛いよー!!!とギャン泣きです。

 

f:id:sacoolablog:20180217110558j:image

 

あーやりやがったなと。

←ここでも冷静な母。

 

その“やりやがった”というのが、

肘内障という、幼児期になりやすい、肘が脱臼のようになること。

2歳の時に一度なったことがあり、その時はどうしよう…とかかりつけ医がお休みの日だったので寝れば痛みが落ち着くかなと思い何もできずにいました。

明くる日、かかりつけ医に行ったら、いとも簡単に処置してくださり、その処置の方法も教えていただきました。

 

それだけ、なりやすい症状なんですね。

そして一度なるとクセになりやすい様。

それから親としては気をつけてはいましたが、昨日のように自爆されてはどうしようもない(*_*)

 

やれやれと淡々と息子に症状を聞いて、肘が痛くて曲がらないということだったので、試しに整復をしてみました。

 

片手で肘をおさえ、もう一方の手で息子の手の平を上に向けて、そのまま曲げました。

 

息子は手の平を動かそうとすると痛くて抵抗しましたが、「すぐ終わる!」と言って母ちゃん気合いで施術!

 

曲げた途端に「ポキっ」と肘から音がしました。

私の中ではハマったような手応えを感じたのですが、息子はまだギャン泣き。。。

 

私は冷静を貫き、「もう痛くないと思うんですけど?落ち着いて腕を動かしてみてください」と言ったのですが、なかなか泣き止まず。。。

見兼ねた1歳半の妹が、お兄ちゃんの背中をポンポンしたり、頭を撫でたりしてましたw

 

そうしてるうちに少し落ち着いてきたようで急に「ドラえもん見る!!!」と別の要求が( ゚□ ゚)

「いやいや、肘はどうなんだ?とずっと聞いてるんですけど?」とこれまた冷静に突っ込む母。

「もう、痛くなくなった!ドラえもんクレヨンしんちゃん見る!」と、逆ギレwww

私「お母さんが治したんですけど。そんなに泣いてたらテレビは見れません。」

息子「お母さん、ありがとう!!」と泣きながらお礼を言われました笑

 

とりあえず泣き止んだし、痛みもなくなったようなので、テレビを見せて私は下の子を先に寝かしつけました。

その後も痛くなくなったようで、テレビを見終えて寝室に来た息子もいつも通り就寝しました。

 

 ふう〜。とりあえず一安心。

 

 

次の日(今日)、本人に聞いたら「大丈夫!」と。

腫れたりもしていなかったので、病院には行かず様子を見ることにしました。

 

脱臼とは違うので、固定などをしなくてもいいと思うのですが、もしお子さんが同じようなことになったら、お近くの小児科や整形外科に行くことをおすすめします。

 

肩が脱臼…なんてことがあったら、これこそ慌てそうだなぁ。。。

そうならないことを願うばかりです。

 

 

今日は暖かくてとてもいい天気。

何事もなく平和に過ごしたい。

 

皆さまもよい週末をお過ごしください☻

 

 

ご覧頂きありがとうございました☆