サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

シュフ業ニガテな専業主婦の奮闘記です

叱る?諭す?男の子に伝えるって難しい

こんにちは!sakuです!

ご訪問ありがとうございます☆

 

 

f:id:sacoolablog:20180225232940j:image

突然ですが、子供を躾けるって難しいですね。。。

 

はじめはやさしく丁寧に伝えてるつもりでも、同じ失敗を何度もされると、ついつい感情的になってしまって、叱るではなくただ怒るという状態に。。。

 

平日は朝から晩まで私一人子供を見てるわけですが、日常のことをあまり夫には報告しません。

というより、諸事情で言わなくなりました。

 

そんな夫が昨日、子供に対して怒っている私に何を思ったのか、自分から子供に諭すように話しかけていました。

 

私が怒った理由というのは、息子が嘘ついて誤魔化そうとしたこと。

 

f:id:sacoolablog:20180225233029j:image

息子はいつもトイレがギリギリ。

食事中にもじもじして、限界に達してトイレにバタバタと駆け込みました。

 

私は『これは間に合わないな』と、バタバタ感で分かるほど、息子はいつも余裕を持ってトイレに行きません。

 

そして、戻ってきて何食わぬ顔でまた席について食事の続きをしようとしました。

 

しかし、私は見逃しません。

息子のズボンが濡れていることを。

 

「何か言うことはないか?」と息子に訊きます

「?」←息子

 

この時点で夫はまだ異変に気付きません。

 

「じゃあ、なんでズボンが濡れている?」と訊くと…

「ごにょごにょごにょ…」←息子いいわけ

 

はい、母スイッチON。

 

「また、漏らしたのに何も言わない?!」

「トイレ汚したのに何も言わない?!」

 

と、母呆れながら叱責。

 

私は、漏らすのは半ば覚悟していたので、あとは息子の対応次第で…と思ってたのですが、やはり『誤魔化す』という選択肢をチョイスしてきました。

そこに私はガッカリ。。。

 

すると、夫が息子とトイレに行き、掃除や着替えをして始末をしてくれました。

 

また席に戻ると、ヘラヘラしている息子。

ここでまたカチンとくる母。

 

「何か言うことはないのか?」

 

「…」←息子

 

f:id:sacoolablog:20180225233639j:image

「あなたがトイレに早く行かないから、汚れたトイレの掃除や着替えをお父さんがやってくれたんですけど?」

「あなたがトイレに早く行かないで掃除や着替えをしている間に、(妹の名前)ちゃんはテレビを消されてしまって迷惑なんだけど」

「それなのに、何も言わないでヘラヘラしてご飯の続きですか?」

「トイレに行っておきなと言えば、無視して親に家出して!なんて口答えしておきながら、この有様はなんだ?」

 

…私、子供に子供扱いしないんです。

ぶっちゃけ、夫に言ってるようなトーンw

 

すると息子…泣く

「何言ったらいいかわかんない!!!」

 

チーン…ですわ。

 

みんな大好きカレーライスディナーは興ざめでございます。

 

もう泣いてる息子は放っておいて(すぐに落ち着かないので)、とりあえず食事を済ませ片付けをしていました。

 

 

f:id:sacoolablog:20180225233546j:image

そのうち、沈黙を保っていた夫が息子に語りかけました。

 

夫「どうして怒られたんだろう?」

息子「…」

夫「お漏らししたから怒られたんでしょ」「トイレ汚したから怒られたんでしょ、分かるよね?」

 

はぁぁぁぁ???

となる私。

すかさず訂正。

「いや、お漏らしどうこうじゃなくて、嘘ついて誤魔化したことに怒ってるんですけど」

「嘘ついて誤魔化してばかりの父親には分からないですかね」

と、日頃のなんちゃらをポロっと口走った私。

 

すると夫

「黙ってろ!!!!」

 

 

と、怒鳴りましたよ。私に。

 

着眼点違うから訂正したのに。

自分のこと言われたら激昂ですよ。

 

息子の誤魔化し方が父親そっくりなのに。

 

いつもなら、「なんだ?」となってしまうんですが、父親が怒鳴ったおかげで子供たちが泣いてしまったので、仕方なく黙って見守ることに。

 

そこから、父と子の長期戦ですね。

ゆっくりゆっくり一つ一つ問題点の確認。

聞いてるこちらとしては、お互いの至らなさを確認し合ってるかのような内容なのですが。

(もちろん夫は自分もそうだな、なんて思ってないんだろう)

 

そして、男たちの中で納得のいく形になったようで、トボトボと息子が私の元へやってきました。

 

「お母さん、お漏らししてごめんなさい」

 

 

ずこーーーーー。。。

 

…うん、まぁそうなんだけど、母さんは嘘つかれたことが嫌な気持ちになったんだよね〜

 

結局、私が「嘘は嫌だ。とても悲しい気持ちになります。お漏らしのことだけじゃなくて、ごまかさないでちゃんと言って欲しいです」

と言ったら、「はい」と返事はしました。。。

 

まぁ、4歳の男の子です。

何度言ってもまた同じことの繰り返しでしょう。

悪知恵ばかり働き、いかにバレないかを考えて誤魔化してきています。

4歳と言えど、男としてのプライドもあるのでしょう。

『失敗』に対して、ヘラヘラして笑いに変えようとしたり、スマートぶって何事もなかったかのようにしてみたり…“恥ずかしい”と思っているならまだ成長してるなと感じますが。

 

女親としては、こういうとき『男の子を育てるのって難しい』って思います。

 

今回はお漏らしというのがきっかけですが、男の子は他にもワケワカメな言動がわんさか。

息子から試練を与えられ続けている母ちゃんであります。

 

しっかし、夫からはそれから何も言われていません。

「悪いと思ったら、すぐにごめんなさいって言うんだ」と息子に言ってたんですがね。

「悪い」と思っていないのでしょうかね。怒鳴ったこと。

ん?怒鳴らせた私が悪いのか…?

 

男の子を育てるのも大変ですが、子育てについての躾についても夫婦でズレてると難しいなぁと思った今日この頃です。

 

あまりスッキリしない内容となってしまい、ほとんど愚痴のような話になってしまい恐縮ですが…最後までご覧頂きありがとうございました☆

何かご助言頂けたら幸いです☻