サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

シュフ業ニガテな専業主婦の奮闘記です

冷蔵庫の自動製氷機を使わないでみる

こんにちは!sakuです!
ご訪問ありがとうございます(^^)


今回は、「製氷機の洗浄」についてです。

寒い時期は氷はほとんど使わないので、メンテナンスしておこうかなぁと思いまして。
ちょうど生協で安くなっていたタイミングでチャレンジしてみました。

とっても簡単だったのでご紹介したいと思います。

意外と簡単な自動製氷機のお手入れ

専用の洗浄液を使う


写真右側にある洗浄液を使ってみました。

タンクからパイプ・製氷皿まで、気になる部分を洗浄・除菌できるというもの。

水道水だけを入れているけれど、水にもいろんな成分が入っているから知らず知らずのうちに汚れているんですよね。。。
目には見えないけれど、汚れてる氷を食べていたとなると…ゾッとします。。。

これなら、洗浄液で製氷しながらお掃除するから複雑な給水パーツも一度にきれいにできるので簡単!
成分はクエン酸と梅エキスが配合されていて食品にも使用されている成分なので安心です。

手順

【使用する前に】

  • 自動製氷機内の水や氷をすべて取り除く
  • 給水タンク内の水を捨てて、浄水フィルターを外す

1.良く振ってから洗浄液をすべて吸水タンクに入れます。

2.指定された水を加えます。

3.冷蔵庫の所定の位置にセット

4.できた氷を棄てる

製氷されると…

ご覧のとおり、ピンク色の氷が出来ました!
これは決して食べずに棄ててください。

5.またタンクに水を入れて製氷します。
この過程は「すすぎ」です。

6.できた氷はまた棄ててください。
※ピンク色の氷ができなくなれば7へ。できたら5へ。

7.タンクと製氷皿を軽く洗って完了です。
浄水フィルターを元に戻す

とっても簡単!

これで安心できれいな氷が食べれることができるかなぁと。

食用のクエン酸でも洗浄できます

専用の洗浄剤ではなくても、クエン酸で同じように洗浄ができます。

専用の洗浄剤も同じように成分はクエン酸なので、同じようにお掃除ができます。
水1リットルに対して小さじ5程度のクエン酸を溶かしたものを給水タンクに入れて製氷します。
工程は先ほどの通りなのですが、注意すべき点は「色」。
専用の洗浄剤は製氷したときに洗浄中と分かるように色水になっています。
クエン酸を使用する場合は、食紅などで色を付けたり、洗浄中は誤って食べないように目印をつけておくことをオススメします!

※食品添加物グレード以上のクエン酸を使用してくださいね

掃除したけど使わない

せっかく洗浄したのですが、作らずに保留しています。
寒い時期は、氷は下の子の汁物を冷ます時に一日1〜2個使うくらいなので、冷蔵庫の製氷機はしばらくは使わないでおくことにしました。

離乳食作りでストックを冷凍するのに使っていた100円ショップの製氷皿があったので、これで氷を作ることに。
フタつきで便利!


寒い時期はこれだけで十分です。

もしかしたら、夏場でもそんなに付属の製氷機を使うほどでもなかったら、タンクは取り外して別に保管しておいてもいいのかも…。

その分掃除の手間が減りますからね!
(ズボラーならではのヒラメキ?!w)

というわけで当面は100均製氷皿で様子をみてみます!

シリコン製でフタ付きの製氷皿なら簡単に取れそうです♪

お酒を飲むときには球体の氷で飲みたい♪


おわりに

「自動」ってとっても便利だけど、メンテナンスとなると複雑で面倒でついつい怠りがちに…(私の場合)
いったんアナログ?に戻って、一度必要か不要かを見つめなおすのもいいのかなぁと思いました。

どなたかの暮らしにお役に立てたら嬉しいです(*^^*)

電動かき氷があったらまた自動製氷機の出番が増えるかも・・・?

暑い時期は電動かき氷で子供と一緒にふわふわかき氷が食べたい♪


お弁当のおかずは小分け冷凍しています▼
www.sacoo1a.com

ペットボトル専用茶こしで簡単に水出し緑茶が飲めるアイテムがあります▼
www.sacoo1a.com

ご覧頂きありがとうございました☆