サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

シュフ業ニガテな専業主婦の奮闘記です

1歳の女の子にも保険加入したわけ。安い掛け金で御守り代わりに。

こんにちは!sakuです!

ご訪問ありがとうございます。

 

今回は子供の保険についてです。

新年度で?と思いきや、ある一件で子供も保険に入っておこうと思ったので経緯とともに記します。

 

子どもは保険不要だと思っていた

住んでいる自治体にもよりますが、私が住んでいるところでは15歳まで子どもがかかる医療費は区が助成してくれる医療費助成制度があります。

 

なので、大抵のことは治療費がかかることはないし、まだ小さいので大丈夫かなと思っていました。

 

しかし上の子の場合、本人のケガや病気は医療費助成で大丈夫だけど、もしお友達にケガなどさせてしまったときどうしよう…。と、上の子は男の子だし心配というのもあり、上の子は幼稚園入園を機に保険に入りました。

下の子はまだ1歳にもなってなかったし、女の子だし…と安易な考えで保険には入っていませんでした。

 

アクシデント発生!下の子が大けが

実は最近、下の子が大けがを負いました。

f:id:sacoolablog:20180404001909j:image

ふざけて台の上の乗り、誤って顔から落ちたようで。落ちたところが悪かったようで顔に何針も縫うケガを負いました。女の子です。

私が留守中のことでした。。。

わが子のおてんばっぷりは以前記事にも少し書いたことがありますが、起こるべくして起こったのかもしれないけれどやはりショックでショックで。。。

f:id:sacoolablog:20180404001932j:image

「なんで?」「なんで?」ばかり頭の中を巡って、夫に預けて外出した自分を責めました。

 

幸い本人は縫合してもらってからは特に痛がったりせず、とても元気で顔の半分が絆創膏ということ以外は変わらぬ日常を過ごしています。

それでも毎日行う消毒や手当をするたびに胸が締め付けられる思いでいますが。。。

 

起こったことをいつまでも気にしているのは良くないし、傷はキレイに治ればわからないかもしれないし、女の子だけど、女の子だからお化粧するようになったら上手に隠せるかもしれないしといろいろ考えて気持ちを切り替えようとしています。

その反面、保険について考えさせられるようになりました。

 

お守りとして選んだ保険

総合保険センターの保険に加入しました。

もともと私の自転車保険で加入していたところで、たまたま自転車保険の内容を見直していたら子供の保険もあったので検討しました。

 

決め手は掛け金が安い

入学4年前のお子さんが一番安い節約コースで小学校卒業までの長期間保障にすると約333円/月で済みます。

下の子はまだ1歳なので小学校入学までの保障しか選択できませんでしたが、それでも節約コースで約397円/月でした。

他人様への保障もあり、示談交渉サービス付き、扶養者の万が一に備えた育英保険制度もあり、本人の病気やケガの保障もしっかりしていそうなのでこちらの保険に決めました。

お守り代わりで入りたかったので安い保険料は助かります。

www.sougouhoken.jp

 

他に検討した保険会社

他の保険はだいたい月1,000円くらいが相場です。

はじめは、生協に加入しているのでコープ共済の保険を検討していました。

他にも都民共済やアフラックなどのこども保険を見ましたが、私の場合ほんとお守り程度に考えていたので安さ一番で総合保険センターの保険にしました。

 

医療費助成は本人だけ

実際娘がケガをして思ったのが、治療費はもちろんのこと、それに関わるお金がけっこうかかるということがわかりました。

 

娘がケガをしたのが休日の夜です。

子供はどうして近くの病院がやっていない時間に高熱を出したりケガをしたりするのでしょう。。。

子供はどうして母に用事があるときに限って熱を出したりケガをするのでしょう。。。

あるあるネタです。。。

 

と、話が少しそれましたが・・・

f:id:sacoolablog:20180404002824j:image

夜病院に行って入院となったら親は付き添うことになるかもしれません。親の分の入院費は自己負担です。我が家の場合幸い、処置後帰ることができましたが、上の子もいたので帰りはタクシーで。タクシー代も結構かかりました。これも自腹です。

これから何回かまた通院もするので交通費もかかります。救急搬送された病院は少し遠いので。。。

こういう費用は保険に入っていれば多少負担は減るのかなと思いました。

 

f:id:sacoolablog:20180404002033j:image

また、処置で使う絆創膏や消毒など処方されていない雑費も自己負担です。

保険料を払うより、実際起きた時に支払った方が負担は少ないのでは?とも考えましたが、子供の行動は本当に予測がつかないことばかり。

どんなに注意してて見てもちょっと目を離したすきに!というのはよくあること。。。

親は何してるんだと思う方もいるとは思いますが、本当に一瞬の隙で起きますね。。。

 

下の子、1歳7カ月の活発な女の子…先は長い。。。

上の子も今後学校生活で親の元から離れる時間は長くなるし心配。

何度もあってほしくないことですが、母親である私には備えというお守りが必要に感じました。

 

おわりに

今回思わぬことで加入した保険。子どもにはかわいそうな思いをさせてしまったのはとても心苦しいですが、命にかかわることではなくて本当に良かった。。。

下の子は懲りずに毎日危なっかしい動きの連発。注意なんて聞かないお年頃なので、保険に入って少しでも安心感が欲しい母であります(汗)

 

いくつになっても子供の心配はつきもの。何事もないのが一番だけど、何かあった時にサポートできるように準備しておくのも大事だなと痛感しました。

 

親って大変ですね。。。親になって親へのありがたさも感じた今日この頃です。

センチメンタルになりがちな季節なのに、より一層センチメンタルな記事になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。