サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

えがお咲く、すごしやすいくらしづくりの覚書

台風19号通過。自然災害の恐ろしさを目の当たりにする

台風19号すごかった・・・

関東住まいの我が家。一夜が明けて、幸い無事です!!両家実家も無事で一安心。

 

一方、テレビを見るとあちこち堤防が決壊していて被災された方々が心配です。。。

これ以上被害が大きくならず、一日でも早く日常が戻りますように・・・。

 

 

 

停電、断水、水害なく無事です

東日本大震災を経験しましたが、私の周りではそこまで大きな被害はなかったので、帰宅難民になり計画停電が大変だったなという印象が強めです。

計画停電はあったけど、突然の停電や断水という経験はないので、今回はかなり覚悟して対応しました。

 

対策については別途詳しくまとめようと思っていますが、突然来る地震と違い、台風はある程度前もって予測がつくので具体的な対策が取りやすかったなという印象です。

これも被害を最小限にしようといろいろと情報を流したり、陰で尽力してくださった方がいるからこそですね。

 

我が家はマンションの中層階に住んでいます。

台風が来るということで、停電・断水・水害(近くの川の氾濫)は予想できました。

ハザードマップは確認していたので、川が氾濫したとしても自宅で過ごすことが賢明と判断していろいろ用意しました。

結果的に、停電もなく、断水もなく、水害もありませんでした。

窓ガラスも割れることなく、無事でいられたことは奇跡だと思っています。

 

普段備えているからといっても、天災は予想がつかないことが起こる物。

不安と恐怖でいっぱいいっぱいでしたけど・・・本当に良かった。

堤防が決壊したり命を落としている方もいるので手放しで喜べないですけれども

 

気象病とPMSと不安と緊張の中母一人で子供2人を守る

体調があまりすぐれない中での準備でした。もともと雨が降りそうになると体調がすぐれません。

台風とかになると更に怠い。。。

ママンさんがタイムリーで投稿されていた記事…

www.mamannoshosai.com

そう、私も気象病持ち。

それに加えて、PMSがあったので、最強レベル。自分の身体じゃないくらい怠い。

いつもなら大人しく過ごしたいところですが、そうは言ってられず、数日間緊張状態が続きました。

 

さらに加えて、夫が不在。

私ひとりで対策をして、2人の子供を守らなければならないというプレッシャーもありました。

はじめは気丈に黙々と淡々と準備していたけれど、時間が経つにつれて台風直撃ピーク時は恐怖と不安で体育座りしながら涙していました。。。


子供が寝てくれたと思ったら急に静かになって、余計に窓を叩きつける雨と風の音は凄まじかった。

外に何か大きなモンスターがいるかのような時に低く時に甲高い轟音…

あちこち川が氾濫していくとスマホは緊急速報の警告音が突然何度も鳴り響いてなかなか休めませんでした。

地震もありましたしね…テンパる。

 

不安がピークの中ツイートしたら、励ましてくださった方がいて本当に心強かったです。

 

もちろん夫とも連絡は取り合っていたのですが、また違った安心感がありました。

本当にありがたかったです。

 

 

非日常を楽しむ子供たち

そんなセンチメンタルな母とは違い、子供たちは元気いっぱい!!朝からずーっと騒いでいました(;´∀`)

作り置きご飯を食べる時はパーティ気分、寝床を変えたら修学旅行気分で朝から晩まで騒ぎっぱなしでした…特に下の子。。

元気すぎて家の中で怪我でもしたらという心配がありましたが…子供たちが健康で元気でいてくれるのは救いですね。

 

ピークが来る前に平和なうちに寝かしてあげようと思うもテンション上がって騒いでなかなか寝てくれず、一喝してしまったこともありました。。。

申し訳なかったけど、怖い思いをせずに一夜を過ごせたので良かったなと。

 

もし避難所へ避難となったら元気すぎる3歳児を静かにさせるのは困難だっただろう・・・そう考えると自宅で過ごすことができて良かったです。

 
一夜明けると、息子が大丈夫だったね!停電もなかったね!と安心した顔してた。テレビで見た光景にはビックリしてたけど、体感としては怖くなかったようで。

恐怖や不安感を与えなかっただけでも母としては良かったかな。母ちゃんが一番怖いのだな?

 

台風一過の本日は快晴で暑い!しかし、風はまだ強くて外遊びはしない方が良さそう・・・ということで、またも朝からずーっと騒いでいる兄妹です。

昨日とは気分的に全然違うのでいいですね。 

 

かなり緊張していた自分の身体

f:id:sacoolablog:20191013170220j:plain

備え(一部)


屋外の整備、停電対策、断水対策、食料の確保・調理、情報収集・・・と慣れないことをずっと緊張状態で行うと、筋肉痛になるのですね。。。

今朝起きてビックリ!首~腰が痛い。。。凝っているんだろうけど、それが酷い感じで。足もなぜかパンパンだし、肌荒れもヒドイ。。。

 

停電なく、断水なく、水害なく、自宅で過ごせたのに、疲労感と肌荒れがすごくてビックリでした。

すごいストレスだったのだなと・・・

これがずっと続く避難生活となったら・・・かなり大変ですね。。。

 

Twitterはラジオ代わりとなり、励まされる 

今回、情報収集はTwitterからがメインでした。テレビは子供に独占されてしまうし、特定の情報しか入ってこなかったりするので、欲しい情報はTwitterから得ていた感じです。特に近くの川の状況については管轄の河川事務所をフォローしてライブ映像などで確認ができました。

最終的には「耐えてくれ~!!」と祈るばかりでしたが、速報や避難勧告が来る前に判断できるソースがTwitter内にはあったなという印象です。

皆さんのお知恵も拡散されていて今後の防災にも役立てたいものばかり。

 

また、先述の通り、不安な気持ちを吐露することで励ましてもらえたりと精神的にもかなり救われました。タイムラインに浮上しまくっていて申し訳なかったですが・・・

 

LINEのタイムラインも久々に使う

LINEのタイムライン、広告が酷くなる前はよく子供の近況報告として流していました。

ここ数年は使っていなかったけれど、久々に解禁。

防災についてや、参考にしたサイトなどを貼りつけて情報を共有することに使いました。

LINEでつながる人は身近な人が多いので、より具体的な情報交換ができますね。

 

安否確認もタイムラインで今朝投稿しました。

プロフィールの「ステイタスメッセージ」のところに一言入れておくだけでも、状況が分かります。

私は「無事です。」とだけですが、入れておきました。

 

www.web171.jp

 

数十年に一度起こるかという大きな台風被害。あんなに「氾濫」「決壊」「緊急放流」という文字を見るとは思いませんでした。。。

自然災害の恐ろしさを改めて感じさせられます。

どの川が繋がっていて、どのダムが放流するとどうなるかって恥ずかしながら全然知らなかったのですが、安住アナの手書きの地図解説が分かりやすかったりして川を知るきっかけにもなりました・・・こんな目には二度と会いたくないけれど知っておくことも大切ですね。

 

最近の台風被害、ゲリラ豪雨対策で作られた地下貯水施設、計画運休、緊急放流など、過去の教訓があって、事前の呼びかけがあって、抑えられた被害もあるのかなと。

緊張感がある中で正確な情報を伝える人たちがいて、夜通し作業に追われる方がいて保たれた安全もあります。尽力に感謝です。

 

我が家は無事でしたが、被災された地域があります。

これ以上被害が酷くならないように、祈るばかりです。

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございました