サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

えがお咲く、すごしやすいくらしづくりの覚書

心にぽっかり空いた穴を日常で塞いでいく・・・

こんにちは、sakuです。ご訪問ありがとうございます。

 

更新がストップしていました。

息子のケガのことでモヤモヤしていた最中、更に悲しい出来事が起きてほぼ泣いていました。。。完全に落ちていました。。。

 

この週末家族と過ごすうちに、落ち込んでもいられない・・・日常生活を過ごして行く中で少しづつ気持ちを切り替えていこうと思うようになってきました。

 

ご心配をおかけしてご連絡を頂いた方もいらっしゃるので、少し近況をお伝えしようと思います。

どんよりしてしまうかと思いますが、無理のない範囲でお読み頂けたらと思います。

 

f:id:sacoolablog:20190629232129j:plain


 

大切な友人が亡くなった。

そう・・・仲の良い友人が亡くなってしまったのです。

同い年。会社の同期で10年以上の付き合い。

結婚して私が退職して、子供ができても、定期的に会ってくれた大切な友達。

 

そんな友達の命を病気が奪っていってしまった。。。

 

乳癌です。

 

癌だというのは明確に聞いたわけではないけれど、闘病する話を本人から聞いて察しました。

「癌」って言葉、実際口にするのってとても苦しくて言えないもの。。。

 

健康志向の高い彼女、独身の頃から毎年のように人間ドッグを受けていたのに・・・。

若いうちはマンモじゃ写りにくいから超音波のが分かりやすいんだってって教えてくれたのは彼女だった。そんな彼女がなぜ・・・。

 

約1年3ヶ月の闘病生活。

3歳半の娘ちゃんがいるのに、容赦なく奪っていった。酷すぎる。

 

最近髪をばっさり切った娘ちゃん、7歳の七五三の時はどのくらい髪が伸びてどんな髪型にするか今から楽しみだね!ってこないだ話したばかりなのに・・・酷すぎる。

 


あまりの早い別れに頭も心も整理できていない状態。

受け入れられない・・・

 

 

自立する子に育てるには・・・と悩んでいる最中の訃報


彼女の訃報が来る少し前、私は息子の甘えと不甲斐なさに苛立っていた。

 
骨折治療中の息子、片手が不自由だからといって、できそうなこともせず、早く早くと急かされカッとなって説教した後だった。


息子に激しく怒ってしまった後悔の後にやってきた訃報はあまりにも衝撃的で何も手がつけられない状態。

ただ泣くしかできなくって、夢なら覚めて欲しくて、嘘なら早く嘘であってほしいと思うばかり。 


『娘ちゃんママいないのに…少し年上の息子は自分から動こうとせず生活力がなく不甲斐ない。』

と思う一方、

『甘えさせてあげたい』

という気持ちも交錯していて、もう頭の中はめちゃくちゃ。

 


しかし、彼女との御別れの日はササっと決まり、穏やかな顔で眠る彼女を起こしたくなる気持ちを必死に抑えて旅立ちを見送り、自宅に戻っても気づけば涙が頬をつたう。。。 

心の中にぽっかり穴が開いてしまい、何もする気にならない。。。今は息子の学校送迎だけで精一杯。

そんな日が続いていた。

 

 


告別式、まだ幼い娘ちゃんを見ていて辛い…友人のことが大好きな旦那さんを思うと辛い…ご両親を思うと辛い…まだ若いきょうだいを見てると辛い…

どの立場でもお気持ちを想像すると辛すぎて…

 

彼女の家族には、彼女の分まで幸せになって欲しい…と切に願います。。。

 

 

自分自身、両親にとっても、夫にとっても、子供たちにとっても、健康で元気でいることがどれだけ幸せなことなのかというのを感じずにはいられない。

 

 

こんな時こそ笑顔でいくべきなのだろうけど、空虚な気持ちにしかならない。。。

ブログを読むにもTwitterのタイムラインを追うにも中身が全然入ってこない…

これでは書き手にかえって失礼だと思い、SNSから距離を置いている状況でした。

 

普段ダジャレとかアホなこと言ってるくらいなので、なるべく明るい話題を提供したいとは思っているのですが、息子の怪我に関することなど悩ましい話が続いていて申し訳ない気持ちです。

 

悲しいけれど前を向いていかないと!

ふとした瞬間、彼女のことを思い出してはメソメソしている私・・・ひとり落ち込んで何もしないわけにはいかない。

母ちゃん業に休みはないのです。

 

辛い中でも日常生活を過ごしながら、ぽっかり空いた穴を少しずつ埋めていけたら…と思います。天国の彼女にも逆に叱られてしまいそうだ。

幸い、家族が元気でいること、笑顔を見ていると涙する回数も少し減ってきました。寝る前とか辛いけど。。。 

 

 

おわりに

あまり間隔を空けるとご心配をおかけしてしまうと思い、このような形で近況をお話ししました。

直接ご連絡を頂いた方もいて、ご心配をおかけしてすみませんでした。。。

 

 

 

とにかく今言えること、女性の皆さん、乳癌検診に行ってくださいね。

特に幼い子を持つママさん。育児に追われて行くきっかけがなかなか取れないかもしれないですが、時間を作って行きましょう。

 


皆さまのご健康とご多幸を強く願っております。

 

うまくまとまらない文章ですみません。。。

 

 

 

▼私は先月検診に行きました。今年は異常なし。また来年です。 

www.sacoo1a.com

 

  

 

ご覧いただきありがとうございました