サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

えがお咲く、すごしやすいくらしづくりの覚書

【卒園】2年間の成長を振り返る。3月生まれの男の子はマイペースながらもぐんぐん伸びた!かな。

 

こんにちは!男の子と女の子の2児の母sakuです。ご訪問ありがとうございます☆

 

息子が無事、卒園式を迎えることができました。

 

 

感動的でした。

今回は、息子の幼稚園時代の成長過程を記録として書こうと思います。

 

 

入園前は自分のことがほとんどできなかった3月生まれくん

4月寄りの3月生まれの息子。ただでさえ出遅れてる感あるのに、マイペースボーイ!

トイトレは全然進まない、着替えもしようとしない、食事も偏食ばかり・・・と3年保育の幼稚園に通うというのがかなりハードルが高かったです。

なので、我が家はゆっくり息子がのびのびと過ごせるように・・・という想いもあって2年保育にしました。

 

2年保育を決断してからは、下の子を妊娠していたというのもあり、赤ちゃん返りがすごくてイヤイヤ期があまりなかった息子が一番荒れていた時期でした(´Д`)

 

おかげで、おむつが外れたのは入園する半年前(3歳半)でした。着替えや食事は相変わらず興味なし。

 

入園前の面談もほとんど答えず態度が悪すぎて(?)、再面談するほどでした。。。

2年保育にしても心配は心配でしたね。。。

 

年中さんはただただ楽しむ園生活

入園式の日は雨でした。その日だけ寒くて大雨。せっかく桜が残っていたのに外で集合写真が撮れずあいにくすぎる天気でした。

 

挨拶はほとんどできなかった

登園時、園長先生に挨拶をしてからお部屋へ向かうのですが、全然挨拶ができない子でした。。。

照れもあるし、ちょっとイヤというのもあったかな。

 

排泄は失敗ばかり

家ではお漏らしばかり。。。おねしょはしないけど、日中はほとんどトイレは間に合ってなかった。。。

一番心配だったトイレ問題。入園してすぐはお漏らししなかったけれど2週間くらい経った慣れた頃からしょっちゅう漏らしていましたね。。。

 

大の方は大丈夫だったけど、偏食小僧で水分をあまり摂らない子なので便秘になりやすかった。

便意があってもなかなか出ないこともあったので幼稚園でも苦しい思いをしていた日もありました。

 

給食はほとんど食べない子

偏食小僧が食べられるものは当時、ご飯とミニトマト、チーズ、海苔、ヨーグルト、いちご、柑橘類、ウインナー、ハム、ポテトくらいしか食べなかったかな。

給食はハードルがかなり高かくて、初めは全然食べなかったようで。。。

時間めいいっぱい使ってもほとんど残していることがほとんど。

そんな感じなので、先生からお話があることはだいたい給食の話ばかりでしたw

 

 

友達とのかかわり

男女ともに同じように遊べるタイプで人見知りはあまりしない方だったけど、「合わない子」には塩対応することがあったかな。。。

好きな友達には執着しやすくて、相手のお友達は迷惑だったんじゃないかと不安になることもありました。

 

自身がおっとりしているのもあり活発な子に憧れがあったのか、目立つお友達の真似したりして一緒に遊んでもらっているような、後を追うタイプ。

 

あそびはインドア>アウトドア

とても慎重な子で高いところも苦手なので、身体を動かすことには消極的だった。

走るのも早くないから、運動会当日は「かけっこ遅いから行きたくない!」と言って危うくボイコットしそうな時もあったなぁ。。。

やっぱり「足が速い子」はカッコイイって思うみたい。

 

外遊びが嫌いなわけじゃないけれど、室内遊びを好んでする方だったかな。

ある時期から折り紙に夢中になって、初めは教えていたけれど、そのうち母さん手一杯になったら自分で本見ながら作れるようになってた。

年中の最後の方は「折り紙名人」と言われていたようだ。

 

かと言って、工作はそんなに得意ではない。入園前にあまりハサミを持たせていなかったのがいけなかったのかな・・・あまり創造力はなくて、周りの子のを模倣して自分も作ってみるというのが多かった。

 

お絵かきもあまり関心がなかったので、初めの方の絵は「なんじゃ?!」だったけど、節分の時の鬼の絵は、みんな「正面」向いてる鬼を描いていたのに、息子だけ「横」を向いてる鬼を描いていたようで。いつも給食の話くらいしかしない先生もそこだけはスゴイと褒めてくださったのが印象的でした。

 

文字の方が好きだなので、折り紙にお手紙たくさん書いて折って、お友達に渡すのがブームだった時もありました。

 

 

先生との関係

担任の先生は新卒新任というお若い先生。全体を指揮するのが精いっぱいといったご様子。ついて行けるしっかりした子は問題なく過ごせていたと思うのですが、我が子はおっとりしてるし、排泄や着替えなど身支度がままならないので、補助の先生にお世話になることが多かったです。

その為、何かお願いするときも担任の先生より、補助の先生にお話していた様子。

 

親としても、たまに補助の先生にお話を聞く機会があるととても具体的に細かく園での様子を教えて頂いたり、ご助言も頂いたりして安心感を得ていました。

といっても、担任の先生が嫌いということじゃなくて、好き!って言ってましたよ^^

 

集団生活で好きになった歌やお遊戯

入園前は、歌やお遊戯なんて全く関心がなかった息子。

未就園児クラスでリトミックがあったときは鈴の音が嫌でずっと耳をふさいで参加しなかった(´Д`)

ダンスは好きだけど手遊びはキライだから、幼稚園で悪態ついてないか心配でしたね。

 

入園式は、年長さんが大きな声で歌のプレゼントをしてくれているのに、ずっと耳をふさいでいた息子でした。。。(耳が敏感だった)

 

そんな息子が、運動会のお遊戯を楽しそうにやったり、生活発表会での合唱も合奏もきちんとやっていた。

毎日歌う季節の歌も覚えてきては家でも歌うように。幼稚園スゴイな。

おかげで下の子は歌も踊りも大好きw兄の歌声で歌詞を覚えるってね。 

 

年長さんでは成長率が更にアップ

年中さんの頃は「年長さんになったら同じようにできるのかな」と本当に1学年違い?!って思うほど年長さんって立派に見えていました。息子はどうだったかしら・・・

f:id:sacoolablog:20190319010549j:plain

 

挨拶

はっきりと「おはようございます」「さようなら」が定着してました。

 

排泄

たまに漏らすことはあったけれど、だいぶ感覚がつかめたようで失敗は少なくなった。

お尻まで出してズボンを下ろして立ちションしていたけれど、いつの間にかお尻は出さずに用を足せるようになっていました。

 

大の始末も次第に自分でできるように。年中さんの時は先生呼んで拭いて貰ってたのでね。。。

今でもキレイに拭けてるか疑問ではあるがw、自分でやってみるという意欲が出てきたのは成長してるなと感じています。

 

あとは、朝外出前が定着すればいいのだけど・・・。

 

前任の補助の先生が感動するくらいの食べっぷり

給食はだいぶ頑張って食べていたようで。

苦手なものも自分から食べてみると挑戦したり、頑なに使おうとしなかった箸も使うようになってきました。

 

今では、箸だけで食事ができたり、ダラダラ食いせずに短い時間で集中して食べられるように。

 

野菜やお肉は苦手だけど、家でも食べてみようという姿勢が出てきたのは喜ばしいこと。幼稚園では頑張るけど、家では頑張らない子でしたからね。。。

 

ハンバーグ、カレー、オムライス、シチュー、餃子が食べられるようになった!これなら家庭でもだいたい何とかなるかしらw

子供が好きそうなメニューを全然食べなかったレベルからしたかなりの進歩!

 

www.sacoo1a.com

 

 

友達とのかかわり

年長さんともなると、女の子はませてきたり、男の子はイキってる子もいたりする。

息子は変わらずおっとりマイペースなのだけど、女の子とも遊べていたのに煙たがられるようになったり、やんちゃな男友達にはイジられたり泣かされたりすることも。。。

 

自由時間は誰かしらと遊んでいるようなので、一人で過ごすというのは少なかったようなのだけど。

 

大好きなお友達Aくんがいても遊ばない日が続いていて「どうしたの?」と訊いたら、「Bくんがひとりだったから一緒に遊んだ」と、意外と周りを見れるんだなと思うことも。「Aくんは学校が一緒だし、Bくんは違うからたくさん遊ぼうと思って」とか、年明けはそんなことを言っていたので卒園も気にしていたんだなと感じました。

 

Bくんは言葉の発達が遅れている子で、年中さんの時は「何言ってるか分からない」とあまり遊ぼうとしなかったのですが、年長さんになったらよく遊ぶように。「Bくんの言葉が分かるようになってきたんだ!」と嬉しそうに話してくれたのが印象的でした。

 

あそびは外遊びが楽しくなってきたけれど

少しずつ恐怖心が消えてきて、慎重ながらもやってみよう!という気持ちになってきた息子。

すぐになんでもそつなくこなす運動神経のいいお友達を見ると、劣等感からやる気が失せることがあるのですが、初めは「できない」ことも練習すれば少しずつできるようになるというのを体感してからはすぐに諦めることが減ってきたかな。

ちょっとやってみよう!頑張ってみよう!練習してみよう!という前向きな姿勢が見れるようになってきたのは嬉しいこと。

 

先生との関係

年長の担任は年中の時は別の先生だけど、新卒2年目のこれまた若い先生。

ある一件で第一印象が最悪だったのですが、お若いわりに?しっかりしていた先生でした。

年長さんになっても、おっとりのんびりボーイの息子は補助の先生にお世話になることが多かったので、園での様子は補助の先生に伺うととても細かくお話してくれました。

もちろん、担任の先生のことは好きですよ^^

 

時間や役割を意識するようになった生活

年長さんともなると、お当番があったり、誕生日会の司会をしたりとお仕事がたくさん。

役割を果たすことで責任感も出てきたかな。

一日のスケジュールを確認することで時間の感覚を把握することもできるように。時計は年中さんで読めるようになっていたけれど、逆算して動くというのが年長さんらしいなと。

家でも、「一日の流れ」が分かっていると目標になるようで、動きがスムーズだったりします。

これを踏まえて、春休み中に新しくToDoボードを作成しようと思っています。

 

www.sacoo1a.com

 

 

そして卒園式。大きく見えた背中

幼稚園生活2年間の集大成ともいえる卒園式。

聞けば、たくさんたくさん練習したようで。ビデオ撮って確認して修正点を見つける・・・までやったようで。

 

入場の際の一礼、動かず座る、ビシっと起立する、大きな声で返事をする、シャキッと修了証を貰う、大きな声で歌う、ハキハキとお別れの言葉を言う・・・

 

入園したのがついこないだだと思っていたのに、ずいぶん立派に映りました。

あの、耳をふさいでた子がめっちゃ歌ってる!!!もじもじして挨拶できなかった子が、大きな声でしゃべってる!!

 

入園時はダボっとしていた制服も、卒園時にはちょうどいいサイズに。

小さいと思っていた背中が、大きく立派に見えた卒園式でした。

 

f:id:sacoolablog:20190319010556j:plain

 

 

号泣予定?がほとんど泣かなかった母 

驚いて感激して感動して泣きそうだったんだけど、実は母泣けず。。。w

下の子の子守で四苦八苦してて感傷に浸る余裕はありませんでした。。。

 

父が保護者席に座っていました。

息子が受け取った修了証を預かる時に「いつも一緒に遊んでくれてありがとう」と言ったようです。

保護者席に座るのは父と母どちらがいいか息子に聞いたら、父を指名しました。

私が座りたかったけど、息子の想いを汲んで夫に託しましたw今思うと良かったなと。父子の絆がまた深まったなと見てて思いました(*'ω'*)

 

思いの外涙が出なかった母。最後の花道でのお見送りの際、お世話になった補助の先生方の顔見たらぶわ~って出ました。お互いぶわ~ってw

いろいろお話したかったけれど混み合っててできなかったのが残念。。。

 

f:id:sacoolablog:20190319010603j:plain

さくらタペストリー前に飾る


帰宅後、娘が昼寝している間に撮った写真と動画を観て時間差でメソメソ泣いていて母です。

これを書いている最中もサクラルーペは涙で曇っています←

 

おわりに

早生まれでマイペースボーイなので集団生活やっていけるか心配だった入園時。

そんな心配をよそに、本人は毎日幼稚園に行くことを楽しみにしていました。

 

嫌がることは一度もなくて、泣きついて離れないということもなかった。

振り返ることもなく、さっさと上靴に履き替えて教室に行ってしまうばかりで母としては少し寂しい気持ちもあったけどw

年中さんの運動会の日は行きたくない!と言っていたのが唯一。

 

幼稚園楽しんでくれて良かった。

これにつきます。

 

子育てとしては、まだまだほんの一区切り。先は長いです。

それでもこの2年の成長はとても大きく感じられました。

 

先生方、お友達、関わる全ての方あっての成長だと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

f:id:sacoolablog:20190319010546j:plain

入園時は108.1cmだった身長が卒園前には121.4cmまで伸びていた息子。

幼稚園も楽しかったけれど、小学校も楽しみにしています。

のびしろハンパない。

 

最近はやたら「ありがとう」を口にしていた息子。素直にありがとうって言える子で良かった。

そのまま素直でいてくれたらいいな。

泣き虫だけど、やさしい素直な子に育ってくれてありがとうって母は思います。

 

 

 

 

 

 ▼子供の笑顔を見たくて頑張るおやつ作り 

www.sacoo1a.com

 

 

▼不器用な母さんは美味しいパンやご飯をつくって元気づける 

www.sacoo1a.com

 

 

▼会話を大切にしていきたい 

www.sacoo1a.com

 

 

 

  

 

ご覧いただきありがとうございました☆