MENU
sakuの画像
saku
ラク家事で楽しく過ごせる暮らしづくりを目指してる専業主婦です。小学生の男の子、未就学の女の子と夫の4人家族。転勤族で賃貸暮らし。一戸建てに住むのが夢☆

【動画あり】洗濯マグちゃんのお手入れと手作りの方法。100均アイテムで簡単に!

こんにちは!小1男児と2歳女児の母、sakuです。ご訪問ありがとうございます。

この記事では、手作り洗濯マグちゃんの作り方とマグちゃんのお手入れ方法についてまとめています。

我が家では洗濯はマグちゃんを使っています。

f:id:sacoolablog:20190509000116j:plain

純マグネシウムで水と一緒になるとアルカリ水になり、洗剤なしでも洗濯できるものです。

我が家では1年使用していて、一度買い替えて継続して使用しています。 

この買い替えの時は、一度もお手入れをせずに買い換えてしまいましたが、今回はクエン酸でお手入れをしてみました!

理科の実験みたいでドキドキです٩( ”ω” )و

f:id:sacoolablog:20190509201544j:plain
目次

マグちゃんとは?

はじめに、マグちゃんってなんぞや?と気になる方は、洗濯洗剤を断捨離してシンプルにお洗濯。マグちゃんはじめました にまとめてありますので、ご確認頂けたらと思います( ˘ω˘ )

使っていて一番の衝撃は、部屋干し(生乾き)臭がしなかったのが使い続けるポイントとなっています。

マグちゃんの効果が感じられなくなったらクエン酸でお手入れをしてみよう!

連休中にマグちゃんの効果が薄れてきたなと感じました。それはニオイ(´Д`)
市販の合成洗剤のような洗浄力はなくても、ニオイだけは気にならなかったので使い続けているマグちゃんが、臭ってきてしまったら対策を考えねばなりません。

使用中のマグちゃんは、ベビーマグちゃんです。

洗濯物が臭ってきた・・・気づけばマグちゃん使用9カ月。買い換えてまた臭い知らず の記事でもあるように、この時は気分とマグネシウム量を変えたくて、ランドリーマグちゃんからベビーマグちゃんに買い替えをしました。

使用中のマグちゃんも気づけば半年ほど使っています。

今回、使用中のベビーマグちゃん3つと、前回使用していたランドリーマグちゃんも一緒にお手入れしました!

f:id:sacoolablog:20190509000110j:plain

袋から出す必要はないですが、中身を見てみたかったので袋からすべて出しました!

念のため手袋をして作業しました

f:id:sacoolablog:20190509000104j:plain

お手入れ前のマグネシウムです。
意外と粒は小さくて、白くくすんでいるように見えます。

水を入れると小さな気泡が出ているのが確認できました。

質量も若干減っていました。
・ランドリーマグちゃんは正味量100gですが、83gに
・ベビーマグちゃんは正味量70gですが、59g~62gに
なっていました。

sakuのアイコン画像saku

使っているうちに消耗しているんですね!

クエン酸を使ったマグちゃんのお手入れ方法

STEP
水に入れたマグネシウムの中に、クエン酸を入れる

量は適当ですが、大匙1杯ほど入れてみました。

STEP
発泡したら10分ほど放置

クエン酸を入れると発泡します!!

sakuのアイコン画像saku

すごい泡!!!!

汚れが浮き出てきました。

ほのかに温かい。発熱するようです。
念のため、耐熱ガラスでお手入れするといいでしょう。

STEP
すすぐ

長い時間浸けていると劣化を早めてしまう恐れもあるので、10分くらいにしておきましょう

水で濯いだらピッカピカのマグネシウムになりました!

STEP
乾かしたら袋に入れる

広げて乾燥させた後、袋に入れれば終了です。(後述)

今回は、袋から出しましたが、袋のまま浸け置きしてもOKです

【追記】お手入れ中の動画もあります

別の日にマグちゃんのお手入れした時の様子を動画で撮ってみました。

ちなみに、お酢を使ってもお手入れできます。ブロ友hanaさんの記事をご参照ください

www.zubora-hana.com

マグちゃんのカバーは市販の洗濯ネットと排水口ネットで代用

袋を開けてしまったので、キレイになったマグネシウムをまた入れて縫うのもやや面倒。
カバーもあまりキレイではないので、代用品を用意しました。

用意するもの
  • 厚手の洗濯ネット(下着用の小さいもの)
  • 排水口ネット(ストッキングタイプ)

排水口ネットにマグネシウムを100g入れました。

f:id:sacoolablog:20190509000203j:plain

口を閉じて、もう1枚使って二重にした後、洗濯ネットに入れて完成です。

洗濯中にマグネシウムがよく動くようにゆとりをもって縛っています

洗濯ネットもジャストサイズはなかなかないので、大きめでもいいかなと思います。

もう少し小分けにした方が洗浄効率が上がりそうなのですが、2つにしておきました。

f:id:sacoolablog:20190509000158j:plain

まとめ:100均アイテムを使ってマグちゃんを手作りしたほうがお手入れもラクかも

今回お手入れをしてみて思ったのが、洗濯ネットで手作りしたほうが後々のお手入れもラクになるなと感じました。

  • 洗濯ネットは、ファスナーなので開閉が簡単
  • 洗濯ネット自体が傷んできても買い替えも容易
  • マグネシウムを直接クエン酸洗浄しながら補充することで絶えず効果的に使うことができる(仮定)
  • 排水口ネットも普段から使っているので交換しやすい

これからはマグちゃんはこまめにお手入れして手作りで効果長持ち作戦で行きたいと思います!

おわりに

マグちゃんだけのお洗濯はとてもラクですが、白く洗い上げたり、柔らかく仕上がるわけではないので、市販の合成洗剤や柔軟剤に劣ることはあります。

実際、タオルなどは定期的に酸素系漂白剤でお手入れしたり、食べこぼしや襟汚れなどは予洗いありで洗濯しています。

それでも、マグちゃんを使うのは、計量する手間がなく、それなりにキレイになっているからです。
生乾き臭がないのが、ほぼ部屋干しの我が家にはありがたいアイテム。

合成洗剤も使うこともありますが半量で済むので、詰め替えやストックを買う手間もかなり軽減されてストレスも減りました☆

今後もうまく使い分けながら楽しくお洗濯していきたいものです(´▽`)

関連商品のご紹介

1つ3kgの洗濯物に対応しているテトラ型がかわいいベビーマグちゃん

5kgの洗濯物に対応しているランドリーマグちゃん 

市販のマグネシウムは粒の大きさも選べます。

Amazonで大容量を買っていますが、100均でも入手できるナチュラル洗剤 

Amazonで大容量を購入していますが、100均でも入手可能

洗濯ネットはダイソーでも購入できますよ☆ 

sakuのアイコン画像saku

ご覧いただきありがとうございました

読んだよ~の応援ポチ♪お願いします

sakuの楽天で買ったもの・欲しいもの

sakuのRoom

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

こんな記事もあります

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる