MENU
saku
ラク家事で楽しく過ごせる暮らしづくりを目指してる専業主婦です。小学生の男の子、未就学の女の子と夫の4人家族。転勤族で賃貸暮らし。一戸建てに住むのが夢☆
sakuのPinterest
おすすめ購入品はこちらにまとめてます▶︎楽天Roomへ

クリスマスツリーはおしゃれなアルザスに*120cmは小さい?

当ページのリンクには広告が含まれています。

クリスマスツリーは場所を取るので賃貸住まいだった頃はタペストリーで楽しんでいたわが家。
新居に移り、子供たちからの要望もあり、念願のクリスマスツリーを置くことにしました!

この記事に書かれていること
  • 選んだクリスマスツリーについて
  • 使っているオーナメントなど
目次

ハロウィンから楽しみたい!クリスマスツリーのサイズが悩ましい…150と迷って120にしたよ

いざクリスマスツリーを置きたいと言われても、サイズが悩ましいですね。
大きい方が迫力があって雰囲気も増すとは思うのですが、現実的に置く場所としまう場所を取ります。
組み立て・片付けも時間がかかりそう…ということで、悩みに悩んで120cmにすることにしました。

選んだのは人気のアルザス。まるで本物のツリーのような見た目でオシャレだな〜と思い選びました。

アルザス以外のクリスマスツリーの候補

アルザス以外で候補になったのはスタジオクリップのツリー。

studio CLIP/スタディオクリップ

スタジオクリップはオーナメントもセットになっているものもあって迷いました。

120cmのクリスマスツリーは小さい?アルザスなら雰囲気バッチリで十分

クリスマスツリーは背が高くなるほど組み立てや片付けが大変になります。
また、裾の方が膨らむので圧迫感も大きくなります。

初めは150cmのツリーにしようと思っていたのですが、存在感がありすぎても困るな…と思ったので120cmにしました。
購入当時、上の子は小学校高学年でしたので子どもたちと一緒に飾り付けもそんなに長く楽しめないかなと思ったりもして雰囲気だけでも楽しめればという思いで120cmにしました。

実際出してみると、子どもたちの背丈にちょうどよかったです。

リビングに置いてもさりげなく居る感じでわが家には程よいサイズ感でした◎

120cmのクリスマスツリーなら組み立ても片付けも簡単!

化粧箱もオシャレなアルザスのクリスマスツリー

120cmのツリーは2分割になって収納されていました。
150cm以上は3分割になっているようなので、一手間増える感じです。

脚を開いて置いて、ツリーを傘のように開いて支柱同士を差し込めば、ひとまずOK!
あとはバランスを見ながら枝を開いていきます。
葉が寝てしまっているのは、逆立てるようにしごくとふわっとします。

ツリーがいい感じになったら飾り付け。子どもたちと一緒にバランスよく飾っていきました。

saku

葉の陰影がキレイで本物のように見えるのがアルザスの良さ。リアルな松ぼっくりもついているのがまた嬉しい

クリスマスツリーのオーナメント(星・足下隠し)などはスタジオクリップが北欧風でかわいい

わが家はハロウィン時期からツリーを出して長く楽しみたかったので、オーナメントもハロウィン〜クリスマスまで使えるようなデザインを選びました。

こちらのショップはカラーも豊富で、ハロウィンオーナメントもあり電飾もありで至れり尽くせりでした。
(ツリーの高さによってオーナメントの量も変わります)

フェルトがほっこりかわいいハロウィン飾り
  • ツリートップスター
  • 足下隠し

の、2点はスタジオクリップのが可愛くてチョイス。

送料の関係で、ハロウィンオーナメントもちょっと加えましたw

スクロールできます
スクロールできます
studio CLIP/スタディオクリップ
studio CLIP/スタディオクリップ
saku

スタジオクリップは化粧箱も可愛い!

120cmツリーなら組立て片付けもラク!ハロウィンからクリスマスまで楽しめて満足です

わが家のクリスマスツリーについてご紹介しました。

120cmでも組み立てはバランスを取るのに時間がかかってしまったので、150cm以上にしなくてよかったなと個人的には思いました(苦笑)
小柄な方は尚のこと背の高いツリーは大変だと思うのでサイズ選びの参考になれば幸いです。

賃貸時代では我慢していたクリスマスツリーが新居に移ってからお迎えすることになり、子どもたちがとっても喜んでくれたのが印象的でした。小さなツリーでも用意してよかったです。

片付け方法などは、別記事に改めて紹介する予定です!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

楽天Roomも遊びに来てね♪

sakuのRoom

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次