サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

えがお咲く、すごしやすいくらしづくりの覚書

土鍋で炊き込みご飯のコツ。土鍋でも簡単に炊き込みご飯

ご訪問ありがとうございます☆

 

炊飯器をやめて、土鍋ご飯に変えて1カ月が過ぎた我が家。

春に近づき、炊き込みご飯が食べたくなったので土鍋でチャレンジしてみました。

土鍋でも美味しく炊き込みご飯が美味しくできたので、コツだけでもおすそ分けしたいと思いますw

 

炊飯を土鍋にした時の記事はこちら▼ 

www.sacoo1a.com

 

 

 

炊き込みご飯は芯が残る?!

実は一度筍の炊き込みご飯を土鍋で作ってみたのですが、そのときは少し芯が残ってしまいました。。。

 

はじめての土鍋での炊き込みでビビッて消火を早めにしてしまったからか?と思ったのですが、原因はよくわからず。。。

炊飯器でもそうでしたが、炊き込む系は芯が残ることがあります。

 

しっかり吸水させる

 振り返って考えてみたら、お米を研いだ後すぐに調味料と水を一緒にいれてしまったからか?

と思い、今度はお米を研いだ後、いつも通りの水加減、いつも通り30分以上吸水させました

 

炊く直前に味付け

しっかり吸水させてから、調味料や具を入れて表面を平らにならし、点火!

いつも通りの火加減(中火)で15分くらい火にかけました。

 

蒸らしもいつも通りに

 フタがゴトゴトとして沸騰して来たら火を弱め2分くらいしてから消化。

15分蒸らします。

 

ドキドキの蓋オープン

 

f:id:sacoolablog:20180312230207j:image

いい感じ♪

しゃもじを入れただけで、うまく炊けた感じが分かりました。

“芯がないぞ!”

 

f:id:sacoolablog:20180312230220j:image

おこげもいい感じ♪

 

実際食べてもふっくら美味しく炊けていました!

夫も娘も気にってくれました。

息子は白飯派なので、一口も食べてくれず。。。

 

まとめ

 

ご飯はやはり吸水が大事なんですね!

いかんせん料理が苦手なので、こんなの常識よ!ってレベルかもしれませんが。。。

 

炊飯器の時は炊き込みモードだと70分くらいかかりましたが、土鍋だといつも通りの炊飯でOKだったので、30分以上の時短になりました。

 

炊き込みご飯も問題なくできたので、いよいよ炊飯器は処分してもいいかもしれないと思う今日この頃ですw

 

おまけ

 

余ったご飯は一膳分ごとに分けて成型して保存しています。

その時に使うのが、無印良品のポリプロピレン整理ボックス1と2です。

www.muji.net

www.muji.net

 

小さいほうの1に上にラップを敷いて、容器にご飯を入れてラップで包んで少し成型▼

f:id:sacoolablog:20180312230556j:image

 

これを外して2に入れるとピッタリ!!

並べると一列にコンパクトの収納できるので冷蔵庫の奥行にもちょうどよく使いやすい◎

f:id:sacoolablog:20180312230609j:image

 

以前は、一膳用のタッパーに入れて保存していました。

 

そのまま温めてタッパーのまま食卓に出すこともあったのですが、収納はかさばるし、洗い物がフタがある分増えるし、やっぱり見た目を気にしてしまい、この方法に行きつきました。

 

ラップで包んだだけだと、レンジで温める時も温めが若干早まる感じがするので時短にもつながったかなと。

 

どなたかの暮らしに参考になったら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました☆