サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

えがお咲く、すごしやすいくらしづくりの覚書

コーティングして水回り掃除をシンプルに

こんにちは!sakuです!
ご訪問ありがとうございます☆

今日から3月!
春一番が吹くとのことで、荒れた天気になりそうだけど暖かくなるのはやっぱり嬉しい☻

家事も、寒いといろいろと億劫ですが、暖かいとモチベーションも上がります!

そんな中、家庭でも簡単にできる水回りのコーティングをやってみました。

家庭でも簡単にコーティングができる

今回は、キッチンのシンクと洗面ボウルにコーティングしてみました!


キッチン編

まずは、キッチンからご紹介します!
今回使ったコーティング剤はこちら

ステンレスのキッチンシンク専用のものです。

内容物

  • 説明書
  • 手袋2セット
  • クレンザー
  • スポンジ
  • コーティング剤
  • クロス
使い方

1. シンクを洗う
まず、いつもどおりにシンクを洗います。
私は、洗い物が終わった後はいつも中性洗剤でシンクも洗うので、同じように洗いました。
そして、拭き取ります。


2. クレンザーで磨く
手袋をして、スポンジにクレンザーをつけてシンクを磨くように洗います。

全体的に磨けたら、20分放置
時間が経ったら、再度中性洗剤で洗って拭いて乾かします。


3. コーティング剤を塗布
新しい手袋をつけて、クロスにコーティング剤を染み込ませて、奥から手前へ塗っていきます。

一方方向に塗って、何度も往復しないことがキレイにできるコツだそうです。

塗り終えたら、3時間放置
水を出さないように注意です。

私は、家族が寝た後、夜な夜な一人で作業をしたので、特にメモはしませんでしたが、忘れないように“◯時〜◯時使用不可”と蛇口につけておくといいかもしれません。


4. コーティング完了
6時間で完全に硬化します。

簡単3ステップで、こんなにツヤツヤのピカピカになりました!

水を出すと

トゥルンとした水滴ができます。

洗面ボウル編

次は、洗面所の洗面ボウルをご紹介します。
シンク同様、洗面台用のコーティングセットもあるのですが、私は今回クロスタイプでやってみました。

使用した商品はコチラ▼

内容物

  • 説明書
  • 手袋
  • コーティングクロス

クロスタイプは、専用クレンザーはついていないので、十分に洗って乾かしてから使います。

塗布する際は、シンクの時と同様、奥→手間に往復せずに塗るとキレイにできます。

コーティング完了


クロスタイプは目次をつける必要もないくらい簡単でした笑

洗面所は家族みんなが使うところなので、簡単にキレイになるのはありがたい。
上の子も変化に気づき、幼稚園から帰ってきて手を洗いに行ったら…
「お母さん、なんだかキレイ!」といって言ってくれました。
決して『お母さんのこと』がキレイと言ってるわけではないのがポイント。爆

注意点

ご家庭で使われているだいたいの素材に使えるコーティング剤ですが、使用の際には購入前に一度注意書きをお読み頂いてからお試しください。

作業は多少ニオイがキツく感じるかもしれないので、マスクもした方がいいかもしれません。

おわりに

水回りの掃除は怠るとすぐに水垢ができて掃除が大変になります。
このコーティング剤を使えば、掃除も少しは楽にできそうです!
作業も簡単にできて、コーティング力も3年持続するというので、効果に期待!

個人的には、3年の間に転勤・転居がないことを願うばかりですw


ご覧頂きありがとうございました!