MENU
sakuの画像
saku
ラク家事で楽しく過ごせる暮らしづくりを目指してる専業主婦です。小学生の男の子、未就学の女の子と夫の4人家族。転勤族で賃貸暮らし。一戸建てに住むのが夢。
パンを作ると子供が喜ぶので、アイコンは桜型のパンを持ってます。
サイトリニューアル!!

長いおうち時間で感じる子供の成長。食器新調で気分も上げる

2020 4/24

こんにちは、sakuです。ご訪問ありがとうございます!

 

臨時休校になってからもうじき2カ月が経とうとしています。

おうち時間が長いけど、腹が減る。

3食用意するのが大変!給食のありがたさを痛感

最近は、子供たちの食べる量も増えてきたので間に合わない食器が出てきました。

食事だけは家族みんなで楽しく過ごしたいということで、食器を新調しました!

 

f:id:sacoolablog:20200424124649p:plain

 

 

 

 

 

目次

丼が足りない!イッタラティーマボウル15cmとアラビアのトゥオキオボウル追加

朝はトースト、昼は麺、夜は簡単料理となるべく負担にならないもので済ませているのですが、丼系が足りなくなってきました。。

 

イッタラティーマボウル15cmは万能!

丼物はワンプレート感覚で簡単に済むのでありがたい。

けれど、ちょうどいいサイズの食器が足りなくなったので、ずっと欲しかったイッタラのティーマボウルを迎えることにしました。

サイズは15cm。

色を選ぶのに悩みまくりましたが・・・ホワイト、ドッテドグレー、グリーン、パウダーの4色バラバラにしちゃいました。

f:id:sacoolablog:20200424124655j:plain

フルで使うときは、

ホワイト:私

グレー:夫

グリーン:息子

ピンク:娘

と色分けで使うことが多いです。

 

ビビンバや牛丼、サラダ、シチュー、スープ、納豆、シリアルと用途は多彩!

小丼としても使える深さなので重宝します^^

f:id:sacoolablog:20200424124710j:plain

かなりヘビロテしてますね~

表面がツルっとしているので、洗うのもラク。スタッキングすればコンパクトになるので収納場所も取らず気に入っています。

 

ラーメン1人前食べられるようになってきた子供たち。トゥオキオボウル追加

息子がよく食べる。私より食べる。引きこもってるのによく食べるな~と。

ラーメンなんていつしか1人前ペロリと食べちゃう。。。

 

ラーメンやうどんで使う食器は、アラビアのトゥオキオボウルを使っています。 

www.sacoo1a.com

 

煮物などにも使えて、こちらも汎用性の高い食器。

購入当時はまだ夫婦で使うサイズということで2つにしたのですが、家族4人でラーメンとなると足りないので2つ追加しちゃいました。

 

 

f:id:sacoolablog:20200424124705j:plain

娘はまだトゥオキオボウルでは量は多いけど、あっという間に追いついてしまうだろう。

 

 

ついでにマグカップも新調。暖かくなってきても温かい飲み物を飲む

10年以上使っていたマグカップがある日突然ティファールしちゃった;;取っ手が取れた

 

マグカップってあまり持っていなかったので、思い切って新調しちゃいました。

悩んで悩んでアラビアで。パラティッシ素敵

 

350mlにしたのでゴクゴク飲める!ちょっと重いけど。

f:id:sacoolablog:20200424124659j:plain

 

 

これを機に、コーヒー豆や紅茶やウーロン茶の茶葉を購入。

 

家族で温かいもの飲んでまったりしようかと。

 

 

おわりに

一気に買い足したのではないのですが、ここ最近増えた食器の紹介でした。

お気に入りの食器が増えて、料理へのモチベーションが気持ちだけ上がりましたw

と言っても、買い出しをし、献立を考え、作って、片づける・・・というローテーションが地味にしんどいと感じる時も正直ある・・・。

 

気分の上がるものを取り入れたり、簡単に用意できる食事を模索したりと、無理なく長く続けられるような工夫をして少しでも楽しく過ごしたいですね。

 

 

おすすめ記事です

▼湯呑や蕎麦猪口にも使えるラテマグ 

www.sacoo1a.com

 

▼作り置きはiwakiや野田琺瑯を使ってそのまま食卓へ 

www.sacoo1a.com

 

 

▼ホットプレート出しっぱなしにしてパーティー気分で楽しく食事 

www.sacoo1a.com

 

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございました☆ 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる