サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

えがお咲く、すごしやすいくらしづくりの覚書

ヨーグルトメーカーのおかげ。低コスト・大量生産・買い物に行く回数が減る。インフルエンザ予防にも?!

20180804233417

 

こんにちは!sakuです。ご訪問ありがとうございます

 

今回は我が家で活躍中のヨーグルトメーカーについてです。

手軽に作れて風邪予防にもなっていますよ☆ 

 

ヨーグルトメーカーは温度調節機能付きが便利。低コストで大量生産!買い物頻度も減って大助かり☆

 

我が家では、ヨーグルトメーカーで牛乳からヨーグルトを作っています。

 

以前は、特売日に400gのプレーンヨーグルトを買っていたのですが、私と子供2人が毎朝食べるとなると(お父さんは乳製品弱いので食べません)、すぐになくなってしまい、買いに行く手間もコストもかかっててプチストレスでした。。。

 

そこで、思い切ってヨーグルトメーカーを購入!

 

アイリスオーヤマ「ヨーグルトメーカープレミアム」を使っています

選んだ理由

  • 温度調節機能付きなのでヨーグルト以外の料理にも使える
  • 柄の長いスプーンがついている
  • 牛乳パックのフタを留めるキャップがついている
  • タイマー付き 

 

温度調節機能付きだと、甘酒や納豆などの他の発酵食品も作れます。

私は甘酒が好きで、たまに作って飲んでいます^^

米麹から作る甘酒は自然の甘さで健康にもいいです☆

 

スプーンやキャップが付属しているとヨーグルトを作る際とても便利です(詳細は後述)

他社のものは付属していないことがあるので別途用意したほうがいいですね。

 

ヨーグルトメーカーでのヨーグルトのつくり方

我が家のヨーグルトのタネはいつもR-1ヨーグルトです。

他のヨーグルトをタネにすると、息子(5歳児)見破り食べなくなってしまうんです。。。

市販の食べきりサイズのヨーグルト1つがタネになって牛乳がヨーグルトになるので、お好みのヨーグルトでお試しください☆

 

用意するもの

  • 牛乳1リットル(低脂肪乳などではなく「成分無調整」で☆)
  • お好きなヨーグルト1つ(食べきりサイズのもの)
  • ヨーグルトメーカー

作り方

牛乳にヨーグルト入れて混ぜてメーカーにセットしてスイッチオン! 

 

 

以上!

・・・というくらい簡単です!

では、詳しく我が家流の作り方をご紹介いたします。

 

1.牛乳とヨーグルトを少し温める

牛乳は未開封のまま電子レンジで30秒ずつぐらい面を替えて温めます。

ヨーグルトも未開封のまま耐熱容器にお湯を注ぎ、湯せんするようにして温めます。

 

温めることで発酵がスムーズになります☆

 

2.牛乳200ccほど別のカップなどに注ぐ

温めた牛乳に、そのままヨーグルトを入れてしまうと溢れてしまうので少し量を減らします。

私はマグカップにざっくり一杯分くらい注いでます。

20180804233347

 

3.ヨーグルト投入

牛乳パックのフタを全開にして、1で温めたヨーグルトを投入します!

 

20180804233343

 

そして、混ぜます!

底に沈殿してしまうので、満遍なく混ぜると均等に固まります。

 

4.3をヨーグルトメーカーへ入れる

20180804233339

付属のキャップでパックの口を蓋します。

口を閉めた方が熱が逃げずに均等に発酵してくれます。

写真のクリップは付属のものですが、締まれば何でもOKかと。

(付属のキャップは被せるだけのような感じで外れやすいです)

 

5.ヨーグルトメーカーの蓋をして、スイッチオン!

20180804233335

温度40℃、タイマーは8時間にセットしてスイッチオンです♪

温度とタイマーは「表示切替」のボタンを押すと切り替わります。

 

あとは待つだけ☆ 

 

完 成

8時間後、終わったらなるべくすぐに取り出して冷蔵庫に入れた方がいいです。

発酵が進み過ぎて酸味が出てしまうので。

ちなみに、タイマーが終了しても電子音などは鳴りません。。。

表示画面が点滅するだけなので、ご注意ください。 

 

20180804233330

完成したヨーグルト

 

我が家では、ハチミツかけたり、輪切りバナナを入れて食べてます♪

グラノーラと一緒でもおいしいですね☆ 

 

まとめ

  • 牛乳とヨーグルトは少し温めた方がいい
  • 牛乳を少し減らしてからヨーグルトを入れる
  • よくかき混ぜる
  • しっかりと口を閉める
  • 終了後はすぐに取り出す 

 

R-1ヨーグルトが一個で約1リットル分できるってすごい!

(菌の強さなどは分かりません)

 

そして、私はそのできたヨーグルトをまたタネにしてもう一度ヨーグルトを作ります

タネの量は1回目の量と同じくらいか少し多めに入れて作っています。(少しでも菌が入るように?)

 

更にもう一回やると、菌が弱くなって?失敗するので、私は2回に1回市販のヨーグルトを使います。

失敗したヨーグルトはとてもサラサラしていて、味も牛乳寄りです。。。

失敗したヨーグルトはグラノーラにかけたり、バナナと一緒にスムージーにしたりして消費しています。

 

おわりに

ヨーグルトメーカーを導入してから手軽にヨーグルトが作れるようになり、コストも安くなり、大量のヨーグルトができるので買い物に行く手間も減り大変助かっています^^

1リットル分のヨーグルトは我が家の場合3人で3~4日分です。 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございました