サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

えがお咲く、すごしやすいくらしづくりの覚書

【ヨーグルトメーカー】甘酒はひなまつり以外でも飲んでます。

20180917003702

こんにちは!saku(@sacoolablog3)です。ご訪問ありがとうございます☆

 

今回は甘酒についてです。

甘酒というとひなまつりを連想するでしょうか?我が家ではひなまつりに関係なく、よく甘酒を飲んでいます♪

はじめは市販の甘酒を飲んでいましたが、自家製の甘酒の方が手軽に安くできるのでご紹介したいと思います☆

 

 

甘酒は飲む点滴!米麹と残りごはんで作る簡単自家製甘酒のつくり方

甘酒って2種類あるのをご存知でしょうか?

まずは甘酒について簡単にご説明をしたいと思います。

 

甘酒は2種類ある

 

甘酒には酒粕のものと、米麹でできているものもあります。

 

「酒粕」でできているもの 

酒粕でできているものは、日本酒が作られるときにできた酒粕を水でといて、砂糖などを加えて甘くしています

そして、アルコールを含んでいます

 

「米麹」でできているもの

米麹の方は、米麹とお米と水で発酵させたもの

発酵させることによって、甘みが出ます。なので、砂糖などは一切使っていない自然な甘さが特徴です。

 

米麹の甘酒は、酒粕とは違いノンアルコールというのもまた魅力◎

妊娠中や子供でも気軽に飲めます♪

 

甘酒は飲む点滴!

 数年前の夏、私の母が食欲のない私の祖父(母の父)に甘酒を勧めていました。

 

どうやら、甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養豊富で夏バテ防止になるとかで。

江戸時代では夏に飲む飲み物だったと、江戸時代の人に聞いてきたかのような口ぶりで話していた私の母w

そのとき一緒に私も冷やし甘酒を飲んでみたら、おいしかった!冬のイメージだった甘酒が私にとって年中無休の栄養ドリンクになりました。

 

この飲む点滴と言われているのは、米麹で作られた甘酒のことです。

 

米麹の甘酒のうれしい成分

 

 

主な栄養成分
  • ビタミンB群
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビチオン
  • ナイアシン

 

・麹菌の発酵によりビタミン類を作りだす
・麹菌の発酵によりお米のデンプンをブドウ糖やオリゴ糖に変え、自然な甘みを作りだす

 ▶米麹と酒粕のうれしいヒミツ♪

 

 

夏に飲むと本当に夏バテ知らずで過ごせて、肌の調子もおなかの調子も良くなって女性としてはありがたい♪

 

それからお気に入りの市販の甘酒を飲んでいましたが、けっこうお高くて…それでいてすぐに飲み終えてしまうので続けるのが難しくなっていました。

 

 

手軽に続けられるように自宅で作ってみることにしました♪

 

ヨーグルトメーカーを使って簡単に甘酒をつくる

 甘酒を作るのってお鍋で作ったり、炊飯器で作ったり、水筒で作ったりといろんな方法があるようで。

発酵させるのでどれも温度管理が大事。

 

ちょうど、ヨーグルトの消費が激しくて買い出しがおっくうに感じていた時にヨーグルトメーカーの存在を知りました。 

www.sacoo1a.com

 

ヨーグルトメーカーでは、ヨーグルト以外の発酵食品も作れるようで、その中に甘酒もできると書いてありました。

 

ヨーグルトメーカーなら面倒な温度調節もできてタイマーもあるので手軽にできそうです☆

 

材 料
  • 残りごはん 200g(1膳分くらい)
  • 乾燥米麹 150g
  • 熱湯 250cc
  • 水 150cc

 

残りごはんで作れるっていうのがまたうれしいポイント☆

 

作り方 

1.残りご飯をレンジで温める

 

2.ヨーグルトメーカー付属の容器に1のご飯と熱湯をいれて混ぜながらご飯をほぐす

20180917003712

 

3.2が粘りがでるほどなじんだら、温度を少し下げるため水を入れる

 

4.ほぐした米麹を3に入れて混ぜる

20180917003709

下の方まで満遍なく混ぜてくださいね☆

 

5.フタをしっかり閉めて、温度60℃、タイマー9時間にセットしスタート!

20180917003707

あとは時々、上下を振って出来上がりを待つ♪

 

出来上がったら、私はブレンダーをかけてなめらかにしています。

20180917003704

つぶつぶ感が残ってる方が好きな方はそのままでもおいしくいただけます☆

 

飲み方 

米麹だけなのに、びっくりするくらい甘いです。

私は冷蔵庫で冷やして飲むこともあれば、レンジで温めて飲むことも。

あとは、豆乳で割ると甘さが抑えられ、さらにヘルシーでオススメです。

 

特に妊娠中や授乳中はバテないようにと甘酒に助けられました☆便秘解消にもなりましたし、甘酒様様でした。

 

おわりに

 簡単ではありますが、我が家流の甘酒のつくり方のご紹介でした。

 

いつも飲むだけで終わってしまっているのですが、お料理やお菓子作りにも使える甘酒。いろいろ試してみたいです♪

 

また、酒粕の方の甘酒も栄養価が高いです。美肌や血流を改善の効果なども報告されているようなので、授乳も終わったのでたまに飲んでみたいと思います^^

 

▼参考サイト

 甘酒|トップページ|森永製菓株式会社

 

 

  

 

 

ご覧頂きありがとうございました!