MENU
saku
ラク家事で楽しく過ごせる暮らしづくりを目指してる専業主婦です。小学生の男の子、未就学の女の子と夫の4人家族。転勤族で賃貸暮らし。一戸建てに住むのが夢☆

脱ペットボトル!遂にソーダストリーム導入!レンタルにしたけど、購入をオススメしたい

sakuのアイコン画像saku

こんにちは!2人の子供を育てています、sakuです。ご訪問ありがとうございます。

炭酸水をよく飲みます。
子供も飲めるようになってからは消費が激しい。
1日500mlは飲んでしまう。

少しでもペットボトルを減らすように、アルミ缶タイプの炭酸水を生協で購入していたけれど、結局ゴミ捨てしに行く回数は変わらないので面倒に。

遂にソーダストリームをお迎えすることにしました!

目次

ソーダストリームは省スペースで電源要らず!もっと早くから使えばよかった…

いざ、ソーダストリームを使ってみたいと思ってもけっこう種類があって何を選べばいいか全然分からない。。。
とりあえず気軽にお試し感覚で使えたらいいのにな~と、いつもお世話になってるレンティオで探してみたけど対応しておらず。。。
レンタルできたらいいのに~と、ソーダストリームの公式を見たらありましたw(だいぶ遠回り)


わが家がお迎えしたソーダストリームはこちら

レンタルの内容は後述して、まずは特長からご紹介!

  • 1リットル約18円で炭酸水が作れる
  • ペットボトルゴミが減る
  • 好みの炭酸強度で作れる
  • 電源不要なのでどこでも置けて使える
  • とってもスリムでコンパクトなので場所を取らない
  • 使い方かんたん
  • シンプルなデザイン

500mlの炭酸水を買うと、安くて1本70円ほどなので格段に安いですよね!
ケース買いするとなると重さもあるし運ぶのも大変。(運送業者さんいつもありがとうございます!)
場所も取るし、ゴミも出る。正直、ストレスだったので、ソーダストリームはかなり魅力的☆

と言っても、ソーダストリームの導入にしばらく躊躇しました。
その理由が、

sakuのアイコン画像saku

置く場所取りそう

sakuのアイコン画像saku

コンセントの近くはもう置けない

と、思っていたから。よく調べずに勝手に思ってた(苦笑)そしたら、

sakuのアイコン画像saku

電源ないんかーい

まさか電源ないとは思わなんだw
そしたら、電気代もかからない、めっちゃエコじゃん!!

sakuのアイコン画像saku

導入しない理由がもうない!

置く場所はキッチンカウンターに置けるかな?思い、導入することにしました。

そして届いたソーダストリーム。
内容物はこちら

セット内容
  • ソーダストリーム本体
  • 専用ボトル 2本(1Lと500ml)
  • ガスシリンダー3本
小さいボトルは写真失念!

コンセント不要なので、置く場所も選ばない☆
スリムな体形なので、幅8cmしかないキッチンカウンターに置けました♪

ソーダストリームの使い方はとっても簡単だった!

使い方も至ってシンプル。

初めて使う場合は、ガスシリンダーを本体にセット。

ガスシリンダーはなくなるまで入れっぱなしでOK。

  1. 付属のペットボトルに水を入れる(上位ラインまで)
  2. 本体にセットする
  3. レバーを下げる

本体にセットするときも、少し斜めにして差し込みながら奥(本体側)押しこめばガチャっとハマります。
レバーを下げると雫マークが点灯して、雫マークの数で強度が変わっていきます。
わが家はだいたい雫3つ(最強)になるまでレバーを下げて作ってます。

シュワシュワすごっ!

ソーダストリームで作った炭酸が弱い…冷たい水で作ろう!

はじめて炭酸水を作ったときは、全然炭酸が入っておらず超微炭酸でした(苦笑)
なんで~と思ったら、冷たい水じゃないと二酸化炭素が溶けないようで。

とりあえず常温の水で作ったのが良くなかったようです(苦笑)

それと、レバーを下げる際は勢いよく下げた方がいいようです。
おっかなびっくりでゆっくり下げていったからうまくガスが入ってなかったようで。
力強く下げて、プシューっというまでがいいようです。

スイッチを押すだけでできる自動タイプなら、こんなことはないのかな?

よく冷やした水でリトライしたら、いい感じの強炭酸ができました♪

ちなみに、わが家のお水は備長炭でろ過したものを使ってます。

ソーダストリームには1年間お試しでレンタルできるマンスリープランがあるよ(公式)

わが家では使用頻度が多くなかったり使用期間がそんなに長くない家電はなるべくレンタルにしようとしています。
例えば、タンク式食洗機はレンタルで使っています。

転勤族で賃貸暮らしのわが家には最適な方法かなと。

レンタルだと合わないなと思っても返却すればいいので、処分に困らず、ゴミも減っていい。
ソーダストリームも使いこなせるか自信がなかったので、レンタルができたら…と思ったら公式でやってたので助かりました。

マンスリープランの仕組み

まずは特長から。

  • 月々3,000円(税込)で試せる
  • 初期費用ゼロ!届いたらすぐ使える
  • 通常購入より8,000円~9,000円お得に
  • 送料無料

ソースV3のスターターセットを同じように購入して使うとなると、44,438円相当。
レンタルにすると年間36,000円(月3,000円×12カ月)なので、8,000円以上お得に☆
送料もかからないので、気軽に始められます♪

STEP
公式ページよりマンスリープランの申し込み

申し込みが済めばあとは届くのを待つだけ!

STEP
申し込み月から3か月後、ガスシリンダーの交換が可能

初回お届けで3本のガスシリンダーが来ます。
ガスシリンダー1本でペットボトル約120本分の炭酸水ができるのですが、3カ月後から管理画面よりガスシリンダーの追加注文ができるようになります。

ガスシリンダーは交換することで新しいガスを注文できるようになるシステムです。
そして交換時は2本単位。届いた箱に空のシリンダー2本を入れて返送します。
2本空いたら注文して、交換するといつまでも空のシリンダーが家にあるというのがなくなりますね!
このサイクルを3回繰り返します。

STEP
申し込み月から12か月後、継続・解約が選べる

1年経ったら継続するか、解約するか選ぶことができます。
解約となれば手続きをして、一式返却。(本体・ボトル2本・ガスシリンダー3本)

sakuのアイコン画像saku

1年間という縛りはあるけれど、お試しできるのは気がラク

デメリットに感じること

  • 選べるマシーンが1種類だけ
  • カラーの選択も1色だけ(レッド)
  • ガスシリンダーの交換手続きが面倒?

レンタルでお試しできるソーダストリームはV3という機種だけ。
しかもカラーも選べず、レッドだけでした。

他の機種を試したい!レッドはイヤ!という方は購入がいいですね^^

ソーダストリームはレンタル・購入にかかわらず、ガスシリンダーが必要になったら2本ずつ交換をしなければなりません。
1本だけ残った場合は、交換用のガスシリンダーを注文して2本にしてから返送するそうです。
シリンダーを返却できる取扱い店舗もあるようですが、数は少ないので配送での手続きが多いのではないかなと。
レンタル(マンスリープラン)の場合は、プランとしてしっかり組み込まれているので、マイページから手続きすればさほど面倒ではないのかなと感じます。
解約の場合もシリンダーが中途半端に残っていても返却すればいいのですから^^

ゴミ出しが減って気持ちもラク!レンタルもお得だけど、炭酸水を使うなら購入もイイ!

おかげでゴミ出しが減りました!
わが家はビン・缶・ペットボトルはバッグに入れて、いっぱいになったらゴミ置き場に持って行き分別するのですが、ソーダストリーム導入前は週1でいっぱいになっていました…。

あふれんばかり~

ビールも飲んだらもっと早く溢れる(汗)

しかし、ソーダストリーム導入後はペットボトルゴミは、ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る際に使うR1のボトルだけ!
ビールも控えてる今は、シンプルに缶詰や瓶詰のゴミだけになりかなり減りました☆

sakuのアイコン画像saku

もっと早く導入すればよかった~

まだ使用して間もなく、シリンダーの交換もしていないのですが、少し使ってみてもソーダストリームの便利さは感じられました。
機種やカラーが選べないというのがネックなので、購入の方がいいかなと思います。

自動ならソースパワーですね!

sakuのアイコン画像saku

わが家はマンスリープランが終わったら、ソースパワーに切り替えようかと思います!

もっとお得に炭酸水を使いたい!という場合は、専用ガスシリンダーではなく業務用のボンベを使うのもあり(通称:ミドボン)。
ミドボンに関しては、はなさんのブログで詳しく紹介されています☆

マンスリープランのレビューについては、今後随時追記していこうと思います。

飲むだけでなく、料理や美容に使える炭酸水ライフをソーダストリームではじめてみませんか?

\ 公式でチェック /

sakuのアイコン画像saku

ご覧いただきありがとうございました。

読んだよ~の応援ポチ♪お願いします

sakuの楽天で買ったもの・欲しいもの

sakuのRoom

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

こんな記事もあります

目次
閉じる