サクラサク〜Simple Lifeに憧れて〜

えがお咲く、すごしやすいくらしづくりの覚書

桃と氷砂糖と酢だけで簡単*子供喜ぶ桃シロップ

2019/08/18更新

 

こんにちは!2児の母ちゃん、sakuです。ご訪問ありがとうございます☆

 

我が家に届く唯一のお中元。ある日、たくさんの桃が届きました☆

20180808221645

しかし、フタを開けたらこの有様。。。

お店の対応のせいなのか、配達業者のせいなのか、猛暑のせいなのか、なかなか雑然と入っていた桃たち。ところどころ傷みもありました。。。

 

これでは近所のお友だちにもおすそ分けもできないので、頑張って食べるっきゃない!

 

一番は皮を剥いてキッチンシンクで丸かじりなのですが、子供がいる手前そうもいかない。

 

朝食のデザートにカットした桃を出してましたが、消費が追いつかないのでシロップを作ってみようと試みました♪

 

とっても簡単に美味しくできたのでご紹介したいと思います( ˘ω˘ )

 

 

 

 

20180808222242

 

 

 

材料は3つ!半日でできる桃1個分のお手軽シロップ 

初めて作るので、まずは桃1個で作れるお試しサイズで作ってみました☆

用意したもの

  • 桃 1個
  • 氷砂糖 適量
  • りんご酢 適量
  • ガラス瓶

※お酢はお好みのでOKです^^

 

作り方は入れて待つだけ

作り方も簡単です♪

  1. 桃をカット
  2. 桃をガラス瓶に入れる
  3. 氷砂糖を入れる
  4. 酢を注ぐ
  5. 氷砂糖が溶けるのを待つ
  6. 小鍋に移して火を通す

 

1.桃をカット

皮をむいて小さくカットします

 

2.桃をガラス瓶に入れる

煮沸消毒した瓶にカットした桃を入れます。

20180808221521

我が家が使ったのは、メイソンジャー。桃1個分のシロップづくりにちょうどいいです♪

 

3.氷砂糖を入れる

氷砂糖を瓶の口辺りまで入れます。

20180808221514

 

ちなみに、後ろに写りこんでいるのは、ヨーグルトメーカー。

我が家ではR-1ヨーグルトを量産して毎朝食べています^^

 

4.りんご酢を注ぐ

20180808221503

今回はりんご酢を用意しました。

お好みのお酢でよろしいのかなと思います。

 

5.氷砂糖が溶けるのを待つ

20180808221452

興味津々の息子がうっすらと写りこむ

 

途中振りながら氷砂糖が溶けるのを待ちます。

いつしか桃と氷砂糖がひっくり返って、観察していた息子がなぜか楽しそうでしたw

 

ちなみに、隣に写っているホワイトタイガーは那須旅行のお土産です。

 

6.鍋に移して火を通す

6~7時間ほどで溶けた氷砂糖。

小鍋に移して火を通しておきました。

20180808221446

 

また瓶に戻して粗熱をとって冷蔵庫で冷やして完成です☆

 

桃シロップの召し上がり方

今回は、ジュースとして、ヨーグルトにかけて頂きました♪

炭酸水で割って飲む

夏場は炭酸水を箱買いしてストックしています。たくさんあるのでシロップを割って飲んでみたかった♪

 

 

20180808221658

寄ってきた子供たち

 

 

かーなり美味しい!!!

 

息子もいつの間にか炭酸が飲めるようになっていたようで、おやつに出しました。

 

味にうるさい息子も大喜び!かなりお気に召したご様子です^^

(下の子はまだ炭酸が飲めないので水割りで飲んで頂きました☆)

 

ヨーグルトにかける

朝食時にヨーグルトにかけて食べてみたら、これまた美味しかった♪

 

20180808221653

 

娘も「おーいしっ」と喜んでいました♪

 

まとめ:傷みやすい桃もシロップやジャムにして無駄なく美味しく

お試しで作った桃シロップ。あっという間になくなりましたw

他にも桃のアレンジをしようかなと思ったのですが、子供たちがとても気に入ったので桃シロップばかりになりそうです^^

 

後日、梅シロップも作ってみました。

www.sacoo1a.com

梅シロップはヨーグルトメーカーで作ったのですが、桃シロップもヨーグルトメーカーを使えばもっと早くできるかもしれません。

機会があれば試してみようと思います^^

 

 

おすすめの関連記事です

▼水はクリンスイでろ過しています♪ 

www.sacoo1a.com

 

▼白米感覚で食べられるお手軽な玄米を食べています 

www.sacoo1a.com

 

▼梅シロップを作って残った実はジャムにしてアレンジ 

www.sacoo1a.com

 

  

ご覧いただきありがとうございました